VX-8 APRS Operation in 9600 bps

TM-D710S購入以来9600bpsにてモービル運用をしていましたが、VX-8では9600bps運用がうまくいきませんでした。
先日「VX-8 9600bps 運用のセッティング」という記事を発見しまして早速試してみました。
要は変調が深すぎたようです。
37 HALF DEVIATIONは変調を半分にする設定のようです。 取説には特に使い方の説明はありませんでしたが、やはり必要性があるものと思われます。(他の使用目的を知ってる方、教えてください・・・)
結果的には、11 TX DELAY はデフォルトの300msでもTM-D710との通信ではOKの様です。
ちなみに、37 HALF DEVIATIONをONにすると通常のマイクからの音声の変調も薄くなりますので、MIN GAINをLevel 5から最大のLeval 9に変更しました。 これでもまだ薄い感じですが屋外での実用上は十分に改善されていると思われます。
しばらくは、これで様子を見てみます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です